新しいカリカリ

あいにくの雨です。桜が散ってしまいますね。
僕はまだ本調子ではなく外に出られそうもないのですが、
短い春は満喫したいものです。

さて、昨夜の菊緒さん。
長い事僕の看病をしていてくれたので、お疲れな模様。

IMG_4418.JPG

僕の代わりに枕使ってました(笑)

少しだけ遊んでから昨夜も早々にダウンして、今朝は4時ごろからハッスルしだした菊緒さんに起こされました。
しばらく思い切り動いていなかったからかストレスが溜まっていたようです。
菊緒にはかわいそうなことをしました…
これだから、人間は健康でいなければなりませんね。


そういえば、体調を崩す直前に新しいフードを購入していました。
今のフードもそこそこ気に入ってるようですが、一番食いつきのいいものを探したいですから色々と試しています。
菊緒は小さい頃から色々な種類のフードを食べていたので、フードが変わったことで急激にお腹を壊すことはありません。

今回は、ドイツのレオナルドというフードです。
その中の大型種用マキシムクロックをお試しで400g。

昨日あげてみたんですが、1粒が大きい!
いつものニュートロ穀物フリーダックの2倍はあります。
色も匂いも数倍濃く、プレミアムフードって感じですね。
匂いには正直酔ってしまいました…
とうの猫さん本人も、あまりお気に召さないようでした。
粒が大きすぎたのかな?大きさ的には6kg超えのメインクーンさんに最適かもですね。
あと匂いが濃すぎるのもいけなかったかもしれません。

結局今あげてるニュートロが一番食いつきがいいかもしれません。

そういえば昨日は「PET FOOLED」という、ペットフード業界の闇を描いたドキュメンタリーを見たんですが、
もっと認知が広がればいいなと思います。
ペットフードの安全性については、菊緒を迎える前に知識として調べて持っていたのですが、
大きな、力と財力を持つ団体が右といえば全て右になってしまうような業界なんだということは知らなかった。
それは全てに言えることかもしれませんが…
もし、菊緒にあげたご飯やおやつが毒物で、次の瞬間死んでしまったらきっと立ち直れない。

それにしてもこのドキュメンタリーはアメリカが舞台だからか、その他の国のフードについては触れませんでしたね。
よく病院などでもごり押しされるフランスの某フードは、原材料一番目がトウモロコシだったりするものもあったり、コーングルテンや小麦も上位に入っているのに言及されませんでした。
基準の甘い日本のフードもです。
もっと突っ込んで欲しかったなと思ったり…。

今菊緒にあげているフードの安全性も、本当は疑わしいと思っていますし、
できることなら毎日手作りのご飯をあげたいです。

ご興味ある方は、ご覧になってみてください。

Pet Fooled -
Pet Fooled -



よろしければポチッとお願いいたします!
にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448856000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック